治療家紹介 | 奈良市の整体 なかたに鍼灸整骨院(富雄駅前の整体院)

求人情報

診療時間

午前診療 9:15 ~ 13:00
午後診療 15:45 ~ 20:150
※土曜日 9:00 ~ 18:00 まで
(休診日:日曜・祝日・木曜日午後)

  • はじめての方へ
  • 脈診について
  • 患者さんの声
  • ブログ
富雄駅前なかたに鍼灸整骨・整体院 店舗写真
治療家紹介

なかたに鍼灸整骨院院長 仲谷健吾先生インタビュー

どんな想いで治療に?

――― どんな想いで治療にあたっていますか?

当院にはコンセプトがあります、それがどこに行っても良くならない方の「最後の砦」となり、「あきらめなくていいんだ!」と希望を持つことのできる治療院。
どんな治療家になっていきたいですか?

――― 具体的に今後どんな治療者になっていきたいですか?

僕は治療の達人になりたいんですよね。
イメージは「100年経ても語り継がれる伝説の治療家」
そのために、東洋医学、現代医学はもちろん、日本の伝承医学、心理学、哲学まで幅広く日々勉強しています。
時には1000年以上も前の文献を紐といて勉強することもあります。
先人たちの知恵、発想、技術は役立つヒントがたくさん隠されているんですよね。
経歴をかんたんに教えてもらえますか?

――― 経歴をかんたんに教えてもらえますか?

治療のスペスシャリストになろう!!と想い、先ずは必要だと思った国家資格を6年かけて3つ取得しました。
鍼師、灸師、柔道整復師(整骨院の先生の免許)です。
あとは、18歳より治療院に住み込みで勤務しました。
その治療院(宮川接骨院)はプロスポーツ選手がたくさん来院するレベルの高い技術を提供する有名院だったので、そちらでの修行経験が今にすごく生きています。
それからもプロのアスリートからトップアマチュアまで多くのスポーツ障害を診てきた経緯があります。
また、アメリカや、日本でプロスポーツトレーナーとして講師をさせていただいたのは僕にとって大きな糧になっています。 そして、2005年7月に富雄駅前に開院しました。

――― 師匠と呼べる方はいますか?

はい。3人います。
ひとりは先ほどもお話したように18歳から丁稚させていただいた宮川接骨院の総院長山村徳三先生。
身体もデカいんですが、心も大きく広い方でした。
ふたりめは脈診を本格的に教えてくださった中医師フー・ソンチン先生。
フー先生はとにかく治療の勉強が趣味で、18時には治療院を閉めるのですが、それは治療の勉強をする時間を少しでも欲しいしから。 全国から患者さんが来られるカリスマ的な鍼灸師です。
さんにんめは野村忠治先生。
師匠と呼べる方はいますか? 既に「伝説」になりつつある治療家です。
50歳をすぎるまで弟子をだれひとり取らなかったのですが、私を含め16名が第一期生として勉強させてもらうことになり、現在も先生からご教授いただいてます。
          それぞれの分野のエキスパートから学ばせてもらうことにより、強い自信をもってどんな患者さんにも対応させてもらえる様になりましたね。 
多井先生はどんな存在ですか?

――― 多井先生はどんな存在ですか?

いやー元々は師匠と弟子という関係でしたが、今はかんぜんにライバルです。
とにかく、めちゃくちゃ治療勘が良い男です。
なので横でガンガン患者さんを治していくのを見て、頼もしいなと思いつつも、僕もますますの努力が必要だと思わせてくれる相棒です。
どんな患者さんに来て欲しいですか?

――― どんな患者さんに来て欲しいですか?

先ほども言いましたように、「最後の砦」であればいいと思っているんです。
ですから、最初は保険の利く病院や、整骨院さんに行っていただければいいんです。
でも、そういうところで治らなくて、どうしたらいいんだろう?
そう思ったときに、「うん。そしたらあそこの治療院行けば何とかしてくれるかもな」「それやったらあそこ行ってき」そんな位置づけの治療院であれれば嬉しいなと思っています。
肩こりや、腰痛の方はもちろんですが、難治性の方でも最後は私がいますから。
そんな想いでやってます。

――― ポリシーはありますか?

ポリシーはありますか? ありますねぇ。
私は「自分に正直に生きる。」
この想いを大切にしています。
あまり表面的なことに捉われたり、常識的なことよりも、自分の感情に素直でありたいんです。
仕事柄とても直感力が大切です。
そういう意味でも、常に自分の心をフラットにして、何より自分を大切に、そして自分を誰よりも信頼してあげようと心がけています。

――― 次にグッとプライベートなことを聞きますね。家族はいますか?

家族はいますか? はい。
妻と、子どもが3人です。
ちなみに子どもは全員男の子。
家はつねにてんやわんやの大騒ぎです(苦笑)
でも楽しいですよ。

――― 犬派、猫派どっちですか?

犬派、猫派どっちですか? なんですか?そのしつもん(笑) うーん犬派ですかね。
今はけっこう猫も可愛いなと思いますが、猫にはちっちゃい頃、ココにおしっこかけられちゃって(爆笑)
ちなみに両方とも飼ったことはいちどもないです。
どんな子でしたか?

――― 子どもの頃はどんな子でしたか?

身体は大きいのに、直ぐに泣いてしまう子どもでした。
女の子にまで「なかたにクンまた泣いてる~」って言われちゃってましたねぇ。
そんな子どもなので幼稚園の頃から中学校あがるくらいまでずっとイジメられっ子でした。
父の仕事の関係で転校が多かったのもひとつの要因かと思います。
そういったこともあり、子どもが転校しなくていいように中学生の頃から自営業をしようと決めていました。
それと、お金持ちになりたかったです(笑)

――― 最後になかたに鍼灸整骨院にこれから行ってみようかな?と考えている方に向けて一言お願いします。

最後に一言 身体の不調にはかならず何らかの理由があります。
その理由は丁寧に問診し、触診し、脈診すれば多くはわかります。
それさえわかれば、あとはそこを健康な状態に的確な治療で元に戻していってあげるだけです。
「私の身体はもう治らないのかも・・・」そう決めつける前に、先ずは当院までお電話やメールでご相談なりしていただきたいなと思っています。
最後に当院のキャッチコピー(メッセージ)で終わりにします。 
「だいじょうぶ きっと きっとよくなる。」
仲谷健吾

なかたに鍼灸接骨院副院長 多井一貫先生インタビュー

治療家を目指したキッカケを教えてください。

――― 治療家を目指したキッカケを教えてください。

学生時代色々な競技をしてきた中で、怪我や故障が多くて試合や練習をしっかりと出来ないことが多々ありました。
プロやトップクラスのレベルでやっていける道が難しくなった時に、
もっと動けるはずなのにと思う選手が少しでもいなくなって欲しいという想いからこの世界に入りました。

――― どんな想いで治療にあたっていますか?

出来るだけ早く、また以前より良い状態で競技なり生活に戻っていってもらいたいという想いで治療しています。
具体的に今後どんな治療家になっていきたいですか?

――― 具体的に今後どんな治療家になっていきたいですか?

一般患者さんはもちろんのことですが、この道を目指すきっかけとなったアスリートに対しては、
いかに短期間により良い状態にさせられるか?
ということにすごくこだわりをもってやっています。

――― 経歴をかんたんに教えてもらえますか?(エピソードなども交えて)

高校卒業後、関西大学商学部に進学しました。
自分のやりたいことではないと思いつつも2年間通ったもののドロップアウトしちゃいました。
その後モヤモヤとした気持ちをひきずりながらも色んなことにチャレンジしました。
その中には全国展開する某飲食店チェーンの店長やった時期もありました。
その後どうしても捨て切れなかった原点の想いに立ち返り、
偶然の出会いから、師である仲谷健吾院長に出会い、
この道に進むことが自分の生き方だと確信して今にいたります。
はり師きゅう師の国家資格を取得した後に、全日本空手連連盟糸東会拳志館にて選手兼トレーナーとして活動。
経歴1 これも偶然のつながりから信頼をいただき、
先日も米メジャーリーグのワシントンナショナルズで
オフィシャルトレーナーとして活動してきたばかりです。
トレーナー
初めて来られる患者さんを診るとき意識していることはありますか?

――― 初めて来られる患者さんを診るとき意識していることはありますか?

いかに信頼関係を築けるかということを一番大切に考えています。
信頼関係があってこそ治療は最高の結果をもたらすと考えていますので。
あとは、やはり鍼というと緊張しがちなので、
案外こんな心地良く受けられるんだってことを感じてもらえるように丁寧に施術しています。
一言で自分を表現するとどんな人ですか?

――― 一言で自分を表現するとどんな人ですか?

なかなかむずかしい質問ですねぇ(笑)
日常はおおざっぱなタイプだと思います。
ただ僕、治療家という仕事がすっごく好きなんです。
だから、治療に関することだけは徹底的にこだわります。
こうも普段とちがうかってくらい。 ちなみにこのヒゲだって治療技術をあげるためです(爆笑)

――― 今までどんなスポーツをしてきましたか?

今までどんなスポーツをしてきましたか? 小学時代は、水泳と剣道を6年間に野球を3年間やっていました。
というよりやらされていたというかんじですかね。
最後まで続けはしましたが、あまりいい結果は出なかったです。
中学時代はソフトテニスを3年間、高校時代は日本拳法を3年間と引退まで頑張りました。
中学、高校とどちらもあと1勝で全国大会というところで負けてしまい、悔しい思いをしたのを今でも覚えています。
現在は空手をやっています。
体を動かすのはやっぱりいいですね。

――― 犬派、猫派どっちですか?

犬派、猫派どっちですか? 正直に言うとどちらも大好きです。
ただどちらかと言われれば猫でしょうか。
でも猫にしても犬にしても各々個性があって癒されますね(笑)
どんな子でしたか?

――― 子どもの頃はどんな子でしたか?

元々はものすごく活発で、
周りにも年下の子ばかりの環境で育ったのでガンガン引っ張っていくようなタイプでした。
しかしある時期を境に、家で一人で本を読んでばかりいるような子でもありました。
今となれば両方あって良かったと思います。

――― 最後になかたに鍼灸整骨院にこれから行ってみようかな?と考えている方に向けて一言お願いします。

最後に一言 私たちは、患者さんがいかに早く、より快適に、競技なり生活に戻ってもらえるかを第一に考えて施術しております。
院長共々自信満々で待っております。
もし今現在何か体調面やメンタル面でお困りのことがありましたらとりあえず一度連絡してもらえたらと思ってます。